1. CONTACT
  2. TEL : 06-7505-3214
Blog

ブログ

ワニ死す

「100日後に死ぬワニ」ですが、3月20日ついにXデーを迎え

ました。その日が近づくにつれメディアなどでも多く取り上

げられましたから、ご覧になった方も多いと思います。

どこにでも、誰にでもあるような99日を、毎日たった4コマだ

けで切り取ったものでしたが、100日目は大きな注目を集める

ことになりました。100日目は特別、そんな風に感じました。

だって13コマでしたから😅それに毎日19:00に投稿されてき

たのに、この日だけは投稿が遅れました。

それは置いといても、その特別だと思ってる1日でも、誰にで

もあり得ることなんですよね。

それに気づくと、どんな日でも大切に過ごさないと、と

思うのは思うんですけどね。忘れてしまいます😅

 

中身の方はというと、100日目が近づくにつれ、初期の頃の伏

線を回収しだしたりして、よく考えられてるなと思いまし

た。

見ていく中で「ワニらしさ」を読者は頭の中につくりあげま

す。作り上げざるを得ないような毎日なのです。逆かも知れ

ません、意識せずに過ごしている毎日が作り上げるという方

が正しいのかも知れません。

とにかく「ワニらしい」最後だったなと思います。

 

「らしさ」というものは、人が勝手に作り上げていくような

気がしますが、実際はどうなんでしょうね。

私も40数年生きてきて「自分らしさ」を説明しろ、と言われ

ても、とてもできる気がしません。身近な人に説明してもら

ったとしても同じのような気がします。しっくりくることは

ないと思います。

恥ずかしながら、この歳になっても心の中では毎日迷いな

がら生きていますから。

 

だけど外から見て「らしい最後」を迎えられたのなら

残された周りの人たちは、たとえそれが理不尽な最後だった

としても、いつか受け入れられるかも知れません。

「ワニらしいよね」とか「アイツらしかったね…」とか。

そう思ってもらえるのなら、それは人の為に生きて、

人の為に死んだ、ことになるのかな?

それはとてもしあわせなことなんじゃないか?

そんな事を考えました。答えはわかりませんが。

 

多くの人に「死」について考えるきっかけを作った素晴らし

い作品だったと思います。最後の一コマはとても美しく感じ

ました。アンチコメントも少なく、ある意味予想通りの最後

で、期待?に応えた作者も素晴らしかったと思います。

ただ、もう少し余韻に浸っていたいのに、終わってすぐの商

業的発表には冷めてしまいそうでしたが😅

それも含めてまだしばらくは話題になりそうですね。

 

 

 

ノムさん

名将と呼ばれたノムさんが亡くなってしまいました。

親しみを込めてあえてノムさん。

現役時代の活躍も凄いですが、指導者としても結果を残し

尊敬する方のひとりでした。数々の名言やボヤきには

愛情がこもっていて、教え子たちの涙や言葉をきけば

いかに特別な指導者であったかがわかってきます。

 

数々の名言を残しましたが、

「どうするか」を考えない人に、

「どうなるか」は見えない。

 

好かれなくても良いから、

信頼はされなければならない。

嫌われることを恐れている人に、

真のリーダーシップは取れない。

 

コンピューターがどんなに発達しようとしても、

仕事の中心は人間だ。

ならばそこには「縁」と「情」が生じる。

それに気づき、大事にした者が

レースの最終覇者となるのだと思う。

 

いつも考えてるわけではないですが、

そうだよな、そうあって欲しいなと思える言葉ばかりで

心の拠り所にしていました。

 

そして何より好きだったのが、サッチーとの関係です。

サッチーに先立たれてからのノムさんの言葉は、そのすべて

がふたりの強い絆や深い愛を感じさせるものでした。

「沙知代よ、君がいない毎日は本当につまらなくて」と

いうノムさんは日に日に弱っていくように見えました。

生きがいをなくしてしまったかのように。

元々、不安症でうまく行かない時、弱気が顔を出すノムさん

にサッチーはいつもこういいます。

「大丈夫。なんとかなるわよ」

その言葉があれば…

 

「私たちは性格も、考え方も正反対だった。けれども、長く

一緒に生きるうちに、すべてが溶け合っていた。私たちは二

人で一人だった」

死因も同じ、本当にそうだったのかも知れませんね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

100日後に死ぬワニ

SNSなどでちょい話題の「100日後に死ぬワニ」って

いう4コママンガご存知でしょうか?

主人公のワニがただテレビを見て笑ってる

日常の風景から始まる「死へのカウントダウン」

ワニは100日後に訪れる運命を知る由もなく

ただ僕らと同じように、誰かと同じように毎日を過ごして

います。M1を見て笑ったり、1年待ちの商品を通販で買い、届

くのを楽しみにしたり、ワンピースのラストを楽しみにした

り、電車で勇気を出して席を譲ったり、想いを寄せる人を

デートに誘ったり、他にもとても優しくて愛らしい性格であ

ることが日々わかってきて、どうか死なないで、という気持

ちが芽生えてきます。刻々と迫る運命を知らないまま日常を

過ごすワニとその運命を知る読者。Xデーは3月20日。

作者いわく、

生きているということはいつか死ぬということ。

自分の「終わり」や周りの人の「終わり」

それを意識すると行動や生き方がより良い方向にいくのでは

ないか。ワニを通してそれらを考えるきっかけにでもなれば

いいなと思っています。との事。

ご興味ある方はぜひググってみてください。

4コママンガなのですぐ読めます。読者のコメントも興味深い

です。

私の想いは長くなりそうなのでまた続きを書きたいと思いま

す。

WALLTZの壁紙 ワニとカバ

令和二年(ステップ)

新年あけましておめでとうございます!

旧年中も皆様に大変お世話になりありがとうございました。

本年も何卒よろしくお願いいたします!

 

さて昨年は平成から令和へと改元され、

自分自身の気持ちも新たにするタイミングとして

ちょっと古いですが、ホップステップジャンプの三年かけて

の計画の一年目として力を蓄えることに時間を使ってきまし

た。お店へのお客様はじめ、お世話になっている方々や従業

員には今しばらく我慢いただくこともあるかと思いますが

諦めずしっかりと歩を進める年としたいと思っております。

とはいいましてもこれまで以上に、充分に目を配り、

至らぬ点や、行き届かぬ点は何より優先して改善していきま

す。変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします!

 

紅葉🍁

仕事柄、色んな所へ行けます🚙

忙しくてもせっかくなので足を運びます。

今年も見れました🍁心を取り戻します。

また来年も見れますように。

 

こないだの余談

めっちゃ寒いですね❄️

こないだの話の余談なんですが

Tさんが「いい寿司屋を見つけた」って言って

お店のギャルズが「連れて行ってくださ〜い😋」って

なるわけです。するとすかさず「彼氏に連れて行ってもらい

なさい、男の器がわかるから」となりました。

女性も男をみる目が養われると。

どういうことかと言うと、値段の書いてないような廻らない

お寿司屋さんにはやはりそれ相応の人が来ていて、とても

スマートで見ているだけでも、気づきが沢山あって自分が磨

かれるようで、ハッタリは通用しないものだと仰るのです。

また素晴らしい人脈が築けることもある。と。

ギャルズは「美味しいお寿司が食べたいだけなの」って口に

は出しませんが、むずかしい顔してました😅

もちろん私も同じ顔してましたが☹️☹️☹️

たしかにそういうこともあるだろうなと思いました。

人それぞれ価値観は違いますので、ただ美味しいからとか

好きな人に食べさせてあげたいとか、給料日だから、記念日

だから、とか、たまたまとか、吸い寄せられるようにとか、

でも全然いいと私は思いましたが

たまたまその日は通りかがりのくら寿司で昼食をとって

連れ人と「やっぱり、くら寿司よりスシローやな」なんて

確信してからの、この話だったんで、

「だめじゃん、俺。。。」って思いました😅

 

皆さまはくら寿司派ですか?スシロー派ですか?

壁紙は柄物派ですか?無地派ですか?

どちらもご用意がありますのでよろしくお願いします!

Fでした。

おついたち参り

早いもので今年もあと1ヶ月ですね🥴

月初めにはいつもより少し早起きして氏神さまへ。

神様や見えない力みたいなものが単純に好きなだけで

特に信心深いというわけではないですが感謝を伝えに。

「氏神さまいつもお助け頂きありがとうございます」

空気がヒンヤリとしてまた身が引き締まる思いです。

紅葉などもゆっくりみたいですね🍁

新年を迎える準備ができていました。

 

コンビニで手に取った「いちばんやさしい古事記の本」

これが過去最高にやさしくてわかりやすくて、面白いって言

ったらあれですけど、面白かったです😌神社にお参りす

る時の意味や心持ちが自分なりに理解できたのかな。

どこにいっても御祭神は?とか必ず確認してます。あの神様

か、とか。日本には八百万の神様がいますので。

何かと忙しい12月ですが、

皆さまが心穏やかに元気に過ごせますように。

壁紙関係なくてすみません😅Fでした🤠

 

こんばんは〜 Fこと福田です|* ̄∇ ̄|ニヤッ

今日はお得意様との現場見積もり打ち合わせの時の話です。

その現場はスナック?ガールズバー?だったんですが

採寸を終えてから壁紙選びをしてたのですが、お得意様はそ

のお店のお得意様でもあるようで😅談笑が始まったんです。

いつもおしゃべりな方なのですが、この日は場所も手伝って

からかいつもより饒舌で。壁紙の柄選びしてて、思い出され

たのか、

Tさん「そういえば今日頼んでた着物が届いた」

私「えっ、どういうことですか?」

Tさん「これ」と携帯の写真を見せる。

私「おおー、かっこいいっすね、仕立てたのですか」

Tさん「染め屋さんと知り合って頼んで安くできた」

私「高そうですね、いくらくらいするもんなんです?」と

無神経に何でもきいてしまう私。

Tさん「〇〇万円、百貨店に行ったら〇〇〇万円くらいかな」

私「すげぇー、で、何の為に?いつ着るんですか?」

Tさん「50歳になったら仕立てるって夢だった」

私「…」

Tさん「正月にこれ着るんや」

私「ええっ!(すげぇ、マジかっこいい)」

いつものイメージとはまったく違うといったら

大変失礼ですが、なんかいいな、粋だなって

思ったんです。自分にはそんなのないなって。

あまり物欲は無くなってしまった私ではありますが

夢や目標は男をかっこよくするのだと思いました。

幸い、まだ実現したいことはたくさんあります。

あとまだ余談があるのですが、それはまた次回に。

で壁紙の紹介。「西陣ウォール」

マジもんの西陣織。表面は金らん、裏打は不織布の壁紙。

乱れ山桜、昇竜、桜水紋、など全8柄。

(さらに…)

11月7日は設立記念日

こんばんは、代表の福田です!

私が書くのは初めてになりますがちょくちょくと

仕事の事や思った事、日々の事を書いていければと

思ってます。

revisitを運営しています有限会社ニュータイプは

この11月より第15期目を無事に迎えることが

できました。20年以上、自分を変わらず支援してくださるお得意様、新たにお声がけ頂くお客様、うちならということでお声がけ頂けるお客様、revisitに足を運んでくれるお客様、

弊社従業員とその家族、関わってくださったすべての方に感謝の気持ちでいっぱいになります。ここまで思い通りかと言えば決してそうは言い切れませんが、過ぎ去った事はすべて良かった事、そう思えるようにこれからも従業員一同、がんばって参りますのでよろしくお願いいたします。

固いのは今回だけにして次回からはつっこみどころ満載でゆる〜い感じになると思いますがおつきあいお願いします🤲

 

 

 

  1. CONTACT
  2. TEL : 06-7505-3214