1. CONTACT
  2. TEL : 06-7505-3214
Blog

ブログ

ワニ死す

「100日後に死ぬワニ」ですが、3月20日ついにXデーを迎えました。

その日が近づくにつれメディアなどでも多く取り上げられましたから、ご覧になった方も多いと思います。

どこにでも、誰にでもあるような99日を、毎日たった4コマだけで切り取ったものでしたが、

100日目は大きな注目を集めることになりました。100日目は特別、そんな風に感じました。

だって13コマでしたから😅それに毎日19:00に投稿されてきたのに、この日だけは投稿が遅れました。

それは置いといても、その特別だと思ってる1日でも、誰にでもあり得ることなんですよね。

それに気づくと、どんな日でも大切に過ごさないと、と思うのは思うんですけどね。忘れてしまいます😅

 

中身の方はというと、100日目が近づくにつれ、初期の頃の伏線を回収しだしたりして、

よく考えられてるなと思いました。

見ていく中で「ワニらしさ」を読者は頭の中につくりあげます。作り上げざるを得ないような毎日なのです。

逆かも知れません、意識せずに過ごしている毎日が作り上げるという方が正しいのかも知れません。

とにかく「ワニらしい」最後だったなと思います。

 

「らしさ」というものは、人が勝手に作り上げていくような気がしますが、実際はどうなんでしょうね。

私も40数年生きてきて「自分らしさ」を説明しろ、と言われても、とてもできる気がしません。

身近な人に説明してもらったとしても同じのような気がします。

どこか違和感があってしっくりくることはないと思います。

恥ずかしながら、この歳になっても心の中では毎日迷いながら生きていますから。

 

だけど外から見て「らしい最後」を迎えられたのなら、残された周りの人たちは、たとえそれが理不尽な最後だった

としても、いつか受け入れられるかも知れません。「ワニらしいよね」とか「アイツらしかったね…」とか。

そう思ってもらえるのなら、それは人の為に生きて、人の為に死んだ、ことになるのかな?

それはとてもしあわせなことなんじゃないか?そんな事を考えました。答えはわかりませんが。

 

多くの人に「死」について考えるきっかけを作った素晴らしい作品だったと思います。

最後の一コマはとても美しく感じました。アンチコメントも少なく、ある意味予想通りの最後で、

期待?に応えた作者も素晴らしかったと思います。

ただ、もう少し余韻に浸っていたいのに、終わってすぐの商業的発表には冷めてしまいそうでしたが😅

それも含めてまだしばらくは話題になりそうですね。

 

 

 

  1. CONTACT
  2. TEL : 06-7505-3214